2007/03/31

sambaの設置

Windowsのマシンも使ってて、不便なんで設定してみる。
(あんまいいおもいしたことがないのが、SMBだが)

yum -y install samba.i386

...としたが、すでに入っていた模様。

パブリックフォルダ作成

mkdir /home/public
chown nobody.nobody /home/public

ユーザ設定

pdbedit -a ユーザ


設定ファイル変更。

vi /etc/samba/smb.conf

[global]
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
display charset = UTF-8
workgroup = XXXXXX
server string = XXXXXX
hosts allow = 192.168.1. 192.168.2. 127.
load printers = no
disable spoolss = yes

#ゴミ箱設定

[homes]
comment = Home Directories
browseable = no
writable = yes
各ユーザ専用のごみ箱機能追加(ここから)
※ファイル削除時に自動的にごみ箱へ移動されるようにする
vfs objects = recycle ← ごみ箱の有効化
recycle:repository = .recycle ← ごみ箱のディレクトリ名(/home/ユーザ名/.recycle)
recycle:keeptree = no ← ごみ箱へ移動時にディレクトリ構造を維持しない
recycle:versions = yes ← 同名のファイルがごみ箱にある場合に別名で移動
recycle:touch = no ← ごみ箱へ移動時にタイムスタンプを更新しない
recycle:maxsize = 0 ← ごみ箱へ移動するファイルのサイズ上限(0:無制限)
recycle:exclude = *.tmp ~$* ← ここで指定したファイルはごみ箱へ移動せずに即削除する
各ユーザ専用のごみ箱機能追加(ここまで)

(VIここまで)

起動&登録

service smb start
chkconfig smb on



あとは、Windows端末からテスト。

0 件のコメント:

コメントを投稿