2008/01/22

新システム準備作業(つづき1)

□データのコピー

hdd1とhdb1はマウントポイントが最初からあるので、それを使って、マウント&コピー。

# cd /media
# mount hdb1
# mount hdd1
# cp -a ./hdb1/* ./hdd1

本体データコピー前に元VGをアクティブに

# vgchange -ay VolGroup00
2 logical volume(s) in volume group "VolGroup00" now active
# lvscan
ACTIVE '/dev/NewVG/LogVol01' [1.97 GB] inherit
ACTIVE '/dev/NewVG/LogVol00' [16.94 GB] inherit
ACTIVE '/dev/VolGroup00/LogVol00' [18.94 GB] inherit
ACTIVE '/dev/VolGroup00/LogVol01' [1.94 GB] inherit



# mkdir NewVg_LogVol00
# mkdir Group00_LogVol00
# mount -t ext3 /dev/NewVG/LogVol00 NewVg_LogVol00/
# mount -t ext3 /dev/VolGroup00//LogVol00 ./Group00_LogVol00/
# cp -a Group00_LogVol00/* NewVg_LogVol00/
(ひたすら待つ)

□grub作る

# grub-install --recheck /dev/hdd1
Probing devices to guess BIOS drives. This may take a long time.
Could not find device for /boot: Not found or not a block device.
root@Knoppix:~# e2label /dev/hdd1 "/boot"
root@Knoppix:~# grub-install --recheck /dev/hdd1
Probing devices to guess BIOS drives. This may take a long time.
Could not find device for /boot: Not found or not a block device.
root@Knoppix:~# lvm vgchange -a n NewVG
0 logical volume(s) in volume group "NewVG" now active
root@Knoppix:~# lvm vgrename NewVG VolGroup00
Volume group "NewVG" successfully renamed to "VolGroup00"
root@Knoppix:~# lvm vgchange -a y VolGroup00
2 logical volume(s) in volume group "VolGroup00" now active

上記で、メッセージを読むとわかるのだが、grub-installが失敗している。
この作業はknoppix上でやっていたのだが、Knoppix上には、/bootディレクトリは無い。
本来は、元システムあるいはHDD稼働しているLinux上でやる作業?のようだ(推測)
わかってないものの「こうちゃう?」のノリで、knoppix上で/bootにhdd1をmount。
# grub-install --recheck /dev/hdd1
再度行うと成功。

HDDを移行先一機だけにして、起動。やった!念願のFedora6起動画面に。
ところが、Login後にGUIが立ち上がらない。
/dev/VolGroup00/LogVol00 は、全てこぴーしたのだが、たしか参考にしたサイトに「seLinuxコピーすんな!」とあったと思うので、ここを疑う。

シングルユーザモードで入り、seLinuxを無効に。

# vi /etc/sysconfig/selinux

6 SELINUX=disabled

これで再起動。おっけ!KDE起動。
長かったが、引越し終わり。これで新マシンくるまでしばらくつないで、その後バックアップとして封印するドライブとしよう。20Gの古いHDとはいえ、贅沢なバックアップ機器だw

次は新マシンの選定と、余らせた80GのHDDの使い道について考えよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿