2009/01/08

smb設定(今度はクライアントじゃなくサーバね)

ntpとは逆に、smbにはサーバになってもらう。
まずは、パッケージのインストールから

# wget http://distro.ibiblio.org/pub/linux/distributions/puppylinux/pet_packages-4/samba-3.0.26.pet

・UI使ってインストール

・設定ファイルの編集
# vi /etc/opt/samba/smb.conf
-ワークグループ
-コメント
-プリンタ設定を殺す
-homes有効

程度か。あとはデフォルト。

・smbd起動

# /opt/samba/sbin/smbd -d
# /opt/samba/sbin/nmbd -d

・ユーザ作成

# pdbedit -a [ユーザ名]

・可動確認...おお、見えたw

・自動起動設定

# vi /etc/rc.d/rc.local

/opt/samba/sbin/smbd -d
/opt/samba/sbin/nmbd -d
を末尾に追加。

セキュリティ甘々だけど、あとで本物のSambaサーバを立ち上げるので、
その時合わせて対処しよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿