2009/01/07

PuppyLinuxでサーバ作ってみる

掲題のとおり、やってみることとする。
なんでか?それは、使うマシンがPuppyでしか動かないような貧弱なマシンだったから。

わざわざ、相性の悪いのをサーバ化せんでも...というのは言うな(泣)

HITACHI FLORA 270 NH1
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/OSD/pc/flora/prod/oldmodel/note/spec270nh1_970402.html

5,6年前にオークションで購入したもの。母親→父親用マシンとして活躍。んで退役。

■やらせる仕事
sshd
bind(Lan内dnsセカンダリサーバ)
Wine(タスクトレイ常駐ソフトのため)
smb

と、完全にLan内専用

■最初にやったこと
・CDブート出来ないマシンなのでフロッピーでCDブート出来るように始動
 SmartBootManagerなるものをフロッピーに突っ込む。んでフロッピー入れたまま電源ON。
・PuppyLinuxをCDで立ち上げ
・fdiskでswapとそれ以外全部1ptに。
・mkfs.ext3,mkswap
・ハードディスクにインストール
・ネットワーク設定
・hostname変更(/etc/hostname,/etc/hosts)
・chmod 4755 /bin/busybox
・swapon (これが命綱っぽい)
・rootパスワード変更
・一般ユーザ追加

ここからは、マシン独自設定だな〜。

0 件のコメント:

コメントを投稿